つみき

実績のある業者に依頼すれば安心して注文住宅を建てられる

長持ちする輸入住宅

お家

冬は丸ごと暖かい

スウェーデンハウスは、その佇まいが目を引く輸入住宅です。見た目のナチュラルさや日本の建売にはない魅力から、住んでみたいと思う人も多いとされています。しかし見た目だけでスウェーデンハウスを選んでしまうことはやめておきましょう。本当の意味での家の魅力やメリット、デメリット等も頭に入れておくことが必要です。最大のメリットは、家中が暖かいという事です。これは寒さの厳しいスウェーデンという、北欧地域からの輸入住宅であることが理由です。寒くて冬が長いスウェーデンでは、どうしても家の中にいる時間が長くなります。そのため、家の中は常に快適な暮らしを送れるような工夫が随所に盛り込まれているのです。木枠窓の採用や、フローリングのつなぎ目、家全体を包み込む断熱材など家を丸ごと暖める工夫が盛りだくさんです。スウェーデンハウスの良さは、真冬の寒い時期に一番実感できると言ってもいいでしょう。また、保温性だけでなく遮音性にも優れています。特殊な窓のパッキンやロックを使用することで、外の音を遮断し、交通量の多い立地でも、家の中は静かな暮らしを得ることが出来ます。そしてアフターメンテナンスもしっかりしています。国内の住宅メーカーの家寿命が30年と言われる中で、スウェーデンハウスは50年間の無料定期検診を行っています。定期的に手入れをし補修することで、家を長持ちさせて次の世代まで引き継ぐことが可能なのです。このようにメリットが大きいスウェーデンハウスですが、暮らしやすさを建築段階から考えているために、どうしても坪単価は高くなります。家の価値をどこに求めるかで賛否は出ますが、家にいる時間が長い、家の中の快適性は譲れないといった人にはオススメのメーカーとも言えるでしょう。